本田剤

本田剤:オリジナル

本田防除

下図はいもち病の発生様相、水稲の作型等からオリゼメート粒剤の本田での使用パターンを表しています。

いもち病の多発年は、葉いもち全般発生期から気象推移により出稲期まで好適感染日が多頻度に現れ、葉いもちから穂いもちに高密度で2次〜3次感染し、穂いもちも多発します。こうした長期に渡る好適感染条件下で、いもち病菌の高密度化を防ぐためには葉いもちに対する高い防除効果と長い残効が必要となります。また西日本では移植後すぐに葉いもちの発生時期となることから、本田での単剤及び殺虫混合剤(兼白葉枯病・もみ枯細菌病防除)による防除が定着しています。

本田防除剤の残効期間といもち病の発生パターン(概念図)

世界初の植物防御機構活性化剤(Plant Defence Activator)

オリゼメート粒剤

  1. 世界初の植物防御機構活性化剤(Plant Defence Activator)です。植物の病害抵抗性を誘導して高い効果を示す、ユニークな作用性をもつ殺菌剤です。
  2. いもち病・白葉枯病・もみ枯細菌病・穂枯れに優れた効果を発揮します。
  3. きゅうり・レタス・キャベツ・ブロッコリー・はくさい・ねぎ等の細菌性病害に有効です。
  4. 効果の持続性に優れ、強い効果が長く続きます。

登録番号 第13243号
成分 プロベナゾール:8.0%
鉱物質微粉等:92.0%
毒性 普通物
有効期限 4年
包装 3kg×8袋

水稲本田用殺菌剤

オリゼメート1キロ粒剤

10a当たり1kg散布で、いもち病、もみ枯細菌病、白葉枯病に優れた効果を発揮します。

登録番号 第19541号
成分 プロベナゾール:24.0%
鉱物質微粉等:76.0%
毒性 普通物
有効期限 5年
包装 1kg×12袋

水稲空中散布専用・直播同時土中処理専用殺菌剤

オリゼメート粒剤20

  1. 有人ヘリコプター及び無人ヘリコプター散布用として開発された専用剤です。
  2. 10a当たり1kg散布で優れた効果を発揮します。
  3. 空中散布だけでなく、直播種同時土中処理もできます。

登録番号 第16018号
成分 プロベナゾール:20.0%
鉱物質微粉等:80.0%
毒性 普通物
有効期限 4年
包装 20kg×1袋

水稲本田用殺菌剤

オリゼメートパック

10a当たり20パックで、オリゼメート粒剤と同等の薬効、持続期間が期待でき、省力防除が可能です。

登録番号 第19539号
成分 プロベナゾール:24.0%
鉱物質等:76.0%
〔ドデシル硫酸ナトリウム(PRTR・1種):2.95%〕
毒性 普通物
有効期限 4年
包装 (50g×20パック)×8

パダン(カルタップ)との混合剤

パダン(カルタップ)は住化武田農薬株式会社が開発したネライストキシン系殺虫剤です。ニカメイチュウ・イネツトムシ・コブノメイガ等イネの食害性害虫に優れた効果を示します。

  • 【パダン(カルタップ)の作用メカニズム】

    神経興奮伝達物質であるアセチルコリンの代わりに、パダン(カルタップ)が神経後膜のアセチルコリン受容体に結合し、アセチルコリンが結合できなくなってしまい、興奮の伝達が遮断されるため、まひ状態になり死に至ります。

水稲本田用殺虫殺菌剤

明治パダンオリゼメート粒剤

水面施用で、水稲の各種病害虫(いもち病、白葉枯病、コブノメイガ、ニカメイチュウ等)の防除が可能です。

登録番号 第15583号
成分 カルタップ(PRTR・1種):4.0%
プロベナゾール:8.0%
鉱物質微粉等:88.0%
毒性 医薬用外劇物
有効期限 4年
包装 3kg×8袋

パダン(カルタップ)・バッサ(BPMC)との混合剤

バッサ(BPMC)はカーバメート系の殺虫剤でツマグロヨコバイ・ウンカ類に速効的な効果を示します。

  • 【バッサ(BPMC)の作用メカニズム】

    神経興奮伝達物質であるアセチルコリンを分解するアセチルコリンエステラーゼと結合し、アセチルコリンを分解できないようにします。その結果アセチルコリンが異常に蓄積され常に興奮状態になり最終的に死に至ります。

水稲本田用殺虫殺菌剤

明治パダンバッサオリゼメート粒剤

水面施用で、水稲の各種病害虫(いもち病、白葉枯病、コブノメイガ、ニカメイチュウ、ウンカ類、ツマグロヨコバイ等)の防除が可能です。

登録番号 第15899号
成分 カルタップ(PRTR・1種):4.0%
BPMC(PRTR・1種):4.0%
プロベナゾール:8.0%
鉱物質微粉等:84.0%
毒性 医薬用外劇物
有効期限 4年
包装 3kg×8袋

リンバー(フラメトピル)との混合剤

リンバー(フラメトピル)は住友化学株式会社が開発したイネ紋枯病殺菌剤です。紋枯病菌の酵素呼吸を阻害し、紋枯病菌等の担子菌類に対して高い抗菌活性を示します。

  • 【リンバー(フラメトピル)の作用メカニズム】

    リンバーは紋枯病菌の酸素呼吸を阻害します。リンバーは、電子伝達系のコハク酸からCoQへの電子伝達(Complexll)を強く阻害します。リンバーによってcomplexllが阻害されると、エネルギー生産、各種体内成分の原料低下が起こると推定されます。リンバーはこのような作用機作によってイネ紋枯病菌等の担子菌類に対して高い抗菌活性を示すと考えられます。

水稲本田用殺菌剤

明治オリゼメートリンバー粒剤

  1. 水面施用で、水稲の二大病害、いもち病・紋枯病の同時防除が可能です。
  2. いもち病、紋枯病に優れた効果を発揮します。

登録番号 第19386号
成分 フラメトピル:1.5%
プロベナゾール:8.0%
鉱物質微粉等:90.5%
毒性 普通物
有効期限 5年
包装 3kg×8袋

PAGE TOP